このまま梅雨になるのかな?

昨日より銀座は雨模様
天気予報は関東地方も梅雨入りが早まるかも(?)などと
言っておりましたが…

今年の春は桜があっという間に終わってしまい
花見を楽しむどころか、暑いのか寒いのか気候に翻弄された4月

早くも猛暑日の声を聞き
熱中症対策に勤しんでいた5月

明日からは水無月になりますが、このまま梅雨になるのかなぁ~

6月1日は本来、衣替えの季節ですが
通勤電車内の服装は夏物に移行されている方々が多いような気がします。

暦どおりよりも自身の季節感で対応する方が正解なのではないでしょうか?

とは言え、自身はこの気候変動に年々体調が追いつかず
やれ寒いだの、いやいや暑くてたまらないなどと
毎日せっせと壁掛けの温度計と湿度計とのにらめっこ!
まったく、滅入りま~す≪泣・泣・泣≫

さて、本日の『画廊の花』は表玄の壁をバックに
鉄線花を写してみました。
こんな風に描く作家は誰かいますかね?


スポンサーサイト

体操選手のようで・・・

棟方志功画伯作   足揚妃の柵 


右足がまっすぐ 伸びて
高得点が出そうです。

この作品 構図がとても面白く楽しめます。
版画に裏彩色が鮮やかに施されて
画面を華やかにしています。

左下には えんぴつでの 自書サインも踊っています。

表玄ではこれまで様々な 志功画伯の作品を
取り扱ってきましたがこの構図は初めてです。

ポケモン GO とは ちょっと違いますが
歩き廻って レアなポケモン ゲットした感じです。










店の前に 珍しい物がありました。

近くのお料理屋さんが なにやら お魚を
天日干し? 
銀座ではなかなか見ない・・・光景ですね。

このお魚これから どのような料理に
使われるのでしょうか 美味しそうで
興味がわきますね。



15252421488791.jpg

週末は夏日超え?


気がつけば、もう卯月の後半戦。
年々季節感が分からなくなるくらい極端な気候に
まったく体がついていかない…

つい何日か前は、春物のコートでは少々心もとない状況だったのが
今週末は夏日を上回る猛暑日になるかも?などと
初夏の楽しみを味わえずに、即!!真夏になりそうな予感。

桜もあっという間に過ぎていってしまったし、
“暑い” か “寒い” かの二極化になるのでは(?)などと
かなり不安を感じます。

この時期、ゴールデンウイーク前後の街中の園芸店には
ナス・トマト等々、野菜の苗が並び出しますが、
今年は例年よりも早く目にするような気がするのも
極端な気候のせいかも??


いったい日本の四季は、どこへ行くのやら…




さて、今週の『画廊の花』は 虫喰(ムシカリ)菖蒲です。

5月の節句前に飾られた菖蒲の色は淡い紫。
爽やかで清々しさを感じる初夏に向けた花をお楽しみ下さい。




IMG_1893.jpg



御詩季の柵

 ☆ 棟方志功  御詩季の柵 ☆


画面に広がる 4個の花輪 
シャボン玉がふわふわうと浮かんで
いるようですね。

四季の花のようですが ・・・・
詩季の柵  とタイトルになっています。
作者の粋な 思いが込められて言うのでしょう。


棟方志功画伯

明治36年青森市生まれ 独自の版画世界を表現して
水墨に留まらず 色鮮やかな色彩作品も制作する。
その活躍は国内を超え海外までも広がる。

昭和45年文化勲章を受賞する。
代表作は釈迦十大弟子など多数。


IMG_1870.jpg



志功画伯が描くサインをよく見ると


矢印(←) のようなマークは名人鍛冶といわれた父幸吉の刃物の切銘。
また 花マーク🌸 は 野菊で人知れず道端にそっと咲く花のように、強く潔らで
ありたいという想いをこめて用いられる。
志功画伯サインは鉛筆で描いているのが特徴の一つだと思います。

和風のようで 洋風な文字もあり デザイン文字もあったり
楽しめる画伯のサインです。

このヘンテコバランスを覚えるのも重要で
鑑定の際に必要な判断材料になります。






床の間に 桜

🌸  桜を床の間へ 🌸 


画廊の床の間に 絵ではなくて桜を・・・

ライティングの光が太陽の光のように
輝き なかなかいい感じに

鉢に生えている苔の緑に
ピンクの花びらが映えますね♪

IMG_1826.jpg


ただいま画廊内も 桜の絵画 で
満開です。

是非足をお運びください。




IMG_1824.jpg





プロフィール

Gallery Hyougen

Author:Gallery Hyougen
日本画・洋画
画廊表玄からの最新情報

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR