画廊表玄ブログ 
銀座の画廊表玄の社員による美術にまつわるツウなポイントの紹介やご案内、日々のブログなど
プロフィール

Gallery Hyougen

Author:Gallery Hyougen
日本画・洋画
画廊表玄からの最新情報



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



絵画を語る
 「 絵画を語る 」   第 一 信 



京都御所の近く そして 東京銀座の地で 数十年。
画廊 表玄 は絵画の世界を歩んで参りました。

美しい絵画と日々を過ごし 絵画への想いが募り
美術品を愛する方たちに語りかけていきたいと
思い立ち  「絵画を語る」  と題して書いて行くことにしました。

絵を正面から 横から 裏側から 見て
人それぞれが感じる思いを大切に・・・・♪
画廊主のちょっとした 絵をみる重要なポイントなど
様々な話題で美術を楽しんで行きましょう。

昨年の 画廊の夜会で 大好評だった 
「エッセイスト ~ふなさん~ 」 に
アドバイスを頂き この度 第一信が出来ました。


多くのお客様と絵画を語る 機会が増えますように・・・!

                                      
                                    (徳永)






IMG_1738 (2)

スポンサーサイト

めでたい ~赤富士~
 色鮮やかな ~ 赤富士 ~


西山英雄画伯   が描く   富士

明治44年 京都に生まれる。 
西山翠嶂画伯に師事し日展等で活躍する。
昭和 55年に日本芸術院会員となる。

厚塗りの筆致と色鮮やかな色彩で 画面を彩る。

旭日が左側から登っているので おそらく山梨県側の湖
から 雄大な富士を描いたと思われます。

お客様に見せたところ 湖の色が 緑 で・・・
山の背景も同じ 緑色 を使っている・・・?

不思議だけど それが味わい深いと。

面白いところに目が行くなと 関心しました。

もしかしたら 湖ではなくて
雲海を緑で表現したのかな・・・?

絵には人それぞれ鑑賞方法があって
日々勉強になります。


しかし なぜ 画伯は緑色を使ったのでしょうか?


                                  (徳永)






IMG_1689 (2)




初日の出 
橋本関雪 画伯作  初日の出


明治16年神戸に生まれ 昭和20年京都で死去。
竹内栖鳳画伯の画塾竹枝会で学んだ。

代表作は 「 玄猿 」  東京藝術大学蔵

絹地に画面からはみ出しそうな 躍動感ある ~波~
旭日が雄大に現れている情景です。

箱書きに 甲申 (きのえ さる) 
昭和19年の画伯 最晩年作


橋本関雪先生のアトリエ 白沙村荘 (京都銀閣寺近く)
は記念館として 今なお多くの方が訪れています。

お正月に華やかでおめでたい絵は
床の間に飾るのにふさわしい作品ですね。

皆さん良い年をお迎えください。

                              
                              (徳永)



IMG_1658 (2)


~ 富岡鉄斎画伯~ に師事
創業者の父が描いた ・・・・!

皐月 靏翁  画伯作 「旭日図」

生誕は謎に包まれているが
明治~大正~昭和の時代 京都にて活躍

富岡鉄斎画伯に師事。
山水画や赤富士など多くの作品を描く。

味わい深い筆致は 京都市内の
和菓子店やお蕎麦屋の看板として用いられ
今なお 店頭で 度々 靏翁の書 と対面することがあります。

縁起の良い赤富士を 現代のコンテンポラリーアート
のような斬新でインパクトある色彩で描き とても人気だったようです。

韓国の金剛山を何度も訪れ仙人の境地を学び
石庭で有名な 京都竜安寺 に 数年の月日を掛け
画伯の集大成として襖に描いた龍の図が・・・
迫力ある画面に引き込まれます。

京都散策の際には是非ご覧ください。

創業者の皐月良一は 父靏翁の影響もあり
絵画の世界に足を踏み入れたが 絵は描かず
美術品を引き立てる 表装のプロを目指して

店の 屋号を 表玄 (表具の玄人 <プロ>)としました。

京都にある表具店 皐月表玄の 看板も
皐月靏翁が書いています。



                                  (徳永)








今 とても 有名です。
 
 大正時代の   ~ 作品 ~



土田麦僊画伯が描いた  トランプ遊びをする 

~舞妓さん~

着物とトランプカード面白い構図ですね。
画面に大正の制作と記載されています (写ってませんが・・・)

16世紀にポルトガルから日本へ持ち込まれたと
言われている トランプカード。

普及し始めたが 使用禁止令などで規制される。

その後 明治に入りブームとなり 広く普及していく。

現在は違う意味で 大変有名ですね。


◇ 土田麦僊画伯 ◇ 

明治20年 新潟県佐渡に生まれる。
その後 京都で絵の勉強を行い 竹内栖鳳画伯に師事する。
大正七年には 村上華岳氏 小野竹喬氏と共に 国画創作協会を設立。
京都を中心として活躍したが 昭和11年 49歳の若さで逝去。


大正13年に制作された 「舞妓林泉」 は 欧州旅行の際に 
イタリア初期ルネサンスの画家が描いた聖母子から学んだと言われ 
色と線が装飾的で 背景の庭と舞妓の調和が
それまでにない近代的な美の世界を生みだした。

現在は東京国立近代美術館蔵


トランプをアップに撮影したので 舞妓さんの顔が・・・
表玄のホームページの何処かに載せていますので
探して下さい。

                                        (徳永)