週末は夏日超え?


気がつけば、もう卯月の後半戦。
年々季節感が分からなくなるくらい極端な気候に
まったく体がついていかない…

つい何日か前は、春物のコートでは少々心もとない状況だったのが
今週末は夏日を上回る猛暑日になるかも?などと
初夏の楽しみを味わえずに、即!!真夏になりそうな予感。

桜もあっという間に過ぎていってしまったし、
“暑い” か “寒い” かの二極化になるのでは(?)などと
かなり不安を感じます。

この時期、ゴールデンウイーク前後の街中の園芸店には
ナス・トマト等々、野菜の苗が並び出しますが、
今年は例年よりも早く目にするような気がするのも
極端な気候のせいかも??


いったい日本の四季は、どこへ行くのやら…




さて、今週の『画廊の花』は 虫喰(ムシカリ)菖蒲です。

5月の節句前に飾られた菖蒲の色は淡い紫。
爽やかで清々しさを感じる初夏に向けた花をお楽しみ下さい。




IMG_1893.jpg



スポンサーサイト

立派な枝ぶりです。

暖かさと寒さが交互にやってくる三寒四温

銀座界隈の花壇も、春先に向けて模様替え
ストックにパンジーなど、色彩豊かな花々が植えられています。

徐々に春らしくなるだろうと思っていると
明日からまたまた雪(?)模様
ほんっと この気まぐれな季候ついていくのが大変です。


さて、久しぶりの『画廊の花』は木瓜都忘れになります。

今回の木瓜は立派な枝ぶり!
可憐で淡い色合いの木瓜の花が、ここ表玄では定番ですが
大ぶりの白い花はゴージャスで、まさに横綱級!!
“う~ん” でも、ちょっと大きすぎるかな?

さてさて、2月9日から始まった冬季オリンピックも残りわずか。
最初は何となく見ないで終わるのかなぁ~と思っていたら、
一生懸命に立ち向かう姿に心揺さぶられ
特にパシュートの試合展開は“シビレました”などと
案外しっかりとスポーツ観戦をしていた自身でした。


今年最後の画廊の花です。

コケコッコーの掛け声から
とうとう最後の月になってしまいました。

師走と言えば、忘年会等々イベント満載な月になりますが
今週末はクリスマス。

自身は幼き頃より、大晦日と正月が大の楽しみで
クリスマスにはあまり想いいれがないのですが…

色とりどりのツリーに、この時期ならではの期間限定ケーキ
キラキラモードのイルミネーションと
目・耳・鼻・舌 五感のうちの四つを満足させてくれる催事は
やっぱり心躍ります。


ここ表玄でも、ちょっとしたクリスマスツリーをウィンドゥに飾ってみました。

一年間がんばってきた皆様に
素敵な贈り物が届きますように!

本日の『画廊の花』は 南天です。


思い切りが大事?

酉年もあと1ヵ月。
年の暮れが迫ってくると
気ぜわしく何かを片付けねばいけない衝動に駆り立てられる。

巷では“終活”なるものが、少しずつ浸透している昨今。
なのに『まだまだ、だよねぇ~』っとばかりに
身辺整理などは先送りが当たり前。

ところが、今年は人生観を見直すちょっとした出来事が続き
着実に身の回りを整理する必要性を痛感!

とは言え、整理すると言っても
長年蓄積した物品には様々な思い出が詰まっていて
思い切るのはなかなか厳しいもの。

他の人から見れば、『何?これ?』と首を傾げるものでも
本人にしてみれば、とんでもなく大切なもの。
一体どうすれば良いのかな?

などと、思いにふけっている間に結局時間だけが過ぎ
右から左に物質移動が行われただけで終了。

まぁ焦らずゆっくり、片付けていこうっと!
“終わり良ければすべて良し”  ですものね。

本日の『画廊の花』は 椿です。


ハロウィンって言われても…

本日はハロウィンだそうです。

年齢を問わず、街中を様々な装いに身を包みパレードする人々。
いつ頃からかな?
ここ数年で広まったような気がしますが…
自身の幼き頃には存在すらなかったイベントです。

ケルト人の収穫を祝う万聖節と言われても
まるでピンとこない自身は
同じ収穫を祝うなら
純和人として、お月見を楽しみたいと思います。
明日は十三夜。
何をお供えにしようか考え中です。

画廊のお花は真っ赤に色づいた鬼灯(ほおずき)です。


プロフィール

Gallery Hyougen

Author:Gallery Hyougen
日本画・洋画
画廊表玄からの最新情報

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR