画廊の手仕事

デジタル化が進む昨今ですが、アナログはまだまだ健在です♪
今週の手仕事は、硯箱です。
といっても、10センチ四方のミニチュアサイズの硯箱です。
折りたたみ式の毛筆と、ちっちゃい墨もちゃんと付いています。
硯に水を落として墨をする場面は、精神を集中させる力があります。

和紙ラベルに絵画の作者と画題を筆文字で書き入れ、
外箱と呼ばれる、絵を収納するときに使う箱の側面に貼りつけます。




スポンサーサイト

画廊の手仕事-玄関マット

今週の手仕事




棕櫚の玄関マット

今週の手仕事は棕櫚の玄関マットです。



デジタル化がすすむ昨今ですが、アナログはまだまだ健在です。

和歌山の職人さんの手による棕櫚で織り込まれた玄関マットです。

何しろ超天然素材ですので、泥や水などの吸収力は化学繊維の比ではありません。

使いはじめは棕櫚独特の硬さがありますが、使い込むほどにしなやかに馴染んできます。


京都三条にある「内藤商店」で手に入れることができます。



http://www.joho-kyoto.or.jp/~sankoba/omiseyasan/naito/naito.html


プロフィール

Gallery Hyougen

Author:Gallery Hyougen
日本画・洋画
画廊表玄からの最新情報

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR