画廊表玄ブログ 
銀座の画廊表玄の社員による美術にまつわるツウなポイントの紹介やご案内、日々のブログなど
少々長いお話になります。
この秋、自身はとても貴重な体験をしました。
それは自宅を出た時のことです。

家の前で、建築現場の作業服を着た人たちが何やら騒いでいます。
その場を立ち去ろうとすると
突然、歩道の脇に小鳥の置物が落ちているのが目に入りました。
それは驚くほど漆黒の羽に山吹色と白の羽。とても美しい色合いでした。

剥製かな?
すると、先ほどの作業服の方たちの言葉が耳に入ってきました。

「どうする?交番に届けるか?」
「そのままで良いんじゃない?」
「どこか柵の上にでも置いておけば?」
「…」
などなど

何となく気になりだして、よぅ~くその剥製を見てみると…
目から血が出ているのを発見!
うわぁ~生きている小鳥が地面に落ちているではないか!
理性よりも先に手が出てしまい、思わずその小鳥に触れてしまいました。

作業服の人たちは、咄嗟の行動に出た自身に対し
先ほどの当事者から第三者に変身!
『お願いしますオーラ』を感じ、仕方がないので「何とかします」と言って
一旦、自宅へ逆戻り。

それから、鳥専門の病院に連絡したのですが
野鳥は診ることができないので東京都環境局に連絡して下さいと…
言われるままにそちらへ電話!
ですが、あいにく役所の休みにあたり連絡がつきません。
たらい回しは勘弁して欲しいと、もう一度病院に連絡。
食い下がって、何とか診察することを了解してもらいました。

病院を訪れると、先ほどまでジッとしていた小鳥が飛ぼうとする仕草をします。

診察の結果、目には異常ないし骨も折れていない。
建物にでもぶつかって脳震盪を起こしたのでしょう。
飛べる力はあるので保護した場所から離すように指示されました。

自宅に戻り、道路より離れた木の多い場所から離すと
しっかりとした足取り(?)で空高く飛んでいきました。
野生の生き物って本当に逞しい!
ちなみに、保護した鳥は≪キビタキ≫のオスでした。



スポンサーサイト

与太話です。
先月末から今週月曜日までは『読書週間』
そのせいか通勤時に読書をされている方々を意外と目にしました。

少し前までは電車内で本を読んでいる人よりも
スマホに見入っている人たちの方が多かったような(?)気がします。

本を片手に熱心に読み耽っている人を見ると、一体何を読んでいるのか少々興味が沸いて…
混雑している車内だと見るともなしに目に入ってくる活字を読んでしまう自身です。

この時期は毎年恒例の古本市が神保町で行われ、沢山の蔵書と人で賑わいます。
自身も年中行事の一つとして
いつもは入りづらい店の中にも遠慮なく入って、時間の許す限り物色します。


高価な美術画集などを目当てに出かける方もいらっしゃるのでしょうが、
自身はもっぱら安価な古本中心です。(貴重なものはそれなりの金額なので…)


今年も一冊GET!
手前味噌になりますが、40年前に書かれた本で【小原信著:われとわれわれ】は
現在にも通じる現状が書かれていて、とても興味深く読めました。

人は一生でどれくらい本を読んでいるのでしょうか?
もちろん、人それぞれですが『趣味:読書』でない限り、
小学生時代が一番本を読んでいるそうですよ。

雨の土曜日、暖かい飲み物をいただきながら読書三昧も良いですね。

今週の『画廊の花』は白椿(加茂本阿弥:カモホンナミ)と木瓜です。
もう、椿の季節です。




絵 の タイトルとは? 
 家となり ・・・


いきなり 意味不明ですが。
堂本印象画伯の 作品のタイトルが 《 家となり 》
額装の裏に貼っている シールに先生が直筆で書いています。

昭和40年代の作品で 画伯 晩年制作の抽象的で色鮮やかな素晴らしい作品です。

なんとなく 雰囲気は絵からわかるのですが・・・
この画題の意味が よく解らず はっきりしません。

本当に困ってます。  数冊の辞書・ネット検索・古い言葉をご存知の方・・・
色々と調べて、お聞きしましたが数週間経っても まだ わかりません。

家が二軒あるので     ♪ 隣の家 ♪ の ことかな?
家 ☆ となり   この  ♪  となり ♪ がなにか 意味があるのでしょうか?

はたまた
 家と ☆ なり   この  ♪ なり ♪ に 解明の糸口があるのかな?

誰か 答えを知りませんか ・・・?
本来なら 画廊主が これを解明して お客様に説明して なるほどと
笑顔を頂くのですが・・・

すみません ~誰か ご存知ではないですか~

☆ お知恵をお貸し下さい 宜しくお願いいたします ☆

                                       (徳永)









紅葉狩りです。
暦上は秋から冬に変わりますが、まだまだ紅葉シーズン真っ盛り。
銀座界隈を歩いていると、外堀通沿いの植木に南天の実がたわわになり、
葉も綺麗に色づいています。

気候も穏やかで今年は比較的ゆっくりと秋を満喫できそうな気がします。

さて、今週の『画廊の花』は≪満天星≫(ドウダンツツジ)をご紹介します。

ツツジ科の落葉低木
季語:春
春先に小さな白花が満天の星のように咲くことから付いた名だそうです。

本来は春の花として若葉の頃に活けられますが、
晩秋の頃、深く紅葉した葉はこの時期の茶花には欠かせません。


いつも思うことですが、自然の複雑な色合いはどうしてできるのでしょうか?
紅葉狩りには出かけられないので、自身は画廊に飾る絵で秋を楽しむことにします。

写真の絵は≪中村宗弘:秋韻(シュウイン)≫です。