画廊表玄ブログ 
銀座の画廊表玄の社員による美術にまつわるツウなポイントの紹介やご案内、日々のブログなど
可憐な花です。
長期の夏休みが終わり、ようやく本格的に仕事モードに入ったのもつかの間。
先週初めの台風の影響(?)で、濡れた地面に注意していたにもかかわらず、
玄関先で派手に転倒した自身は、幸先の悪い週明けとなりました。

どうして転んだのかまったく見当がつかず、少々落ち込み気味。
とうとう足元に気を付けて歩かないといけない年齢になったのか…
などと、ネガティブ思考に陥ってしまいがちです。

さて、今週の『画廊の花』は白い桔梗をお届けします。

ここ表玄では、濃紫色桔梗が定番として使われますが
一見寂しい色合いの白桔梗もたくさん花をつけると存在感抜群です。

蕾から咲き始める花々は、風船がはじけるように〝ポンッ” と音が聞こえてきそうです。

まだまだ暑い夏の終わり。
白桔梗は見た目も涼し気で、何となく空気が爽やかに感じませんか?





スポンサーサイト

我が家の骨董品
値段は付きませんが・・・


夏休み 実家に帰省して ~発見~

我が家の骨董品

かなり使い込んだ この品物 
美術品とはかけ離れて すみません。
子供の頃から 夏に大活躍していたこの

 ☆ やかん ☆

ちょっと重く がっちりとした造りで 
最近はあまり見ない形ですが

麦茶を沸かして 冷蔵庫で冷やすと
他の容器とは違い とても冷たく美味しいお茶になって
乾いた喉をうるおしてくれました。

学校から帰って 麦茶と冷えたトマトに塩を付けて
がぶっと丸かじりした 思い出が懐かしく蘇ります。

母に聞くと 母が小学生の頃からあったと・・・
蓋が色あせていますが昔は朱色が綺麗だったそうです。

数十年前(50年は軽く越えて)
ずっと・・・♪
我が家にある 貴重な 骨董品 なんです。

《 3.0 リットル 》 の文字が 時代を感じさせます。
まだまだ現役で頑張って美味しいお茶を
宜しくお願いします。

                               

                              (徳永)