画廊表玄ブログ 
銀座の画廊表玄の社員による美術にまつわるツウなポイントの紹介やご案内、日々のブログなど
プロフィール

Gallery Hyougen

Author:Gallery Hyougen
日本画・洋画
画廊表玄からの最新情報



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



掛け軸の裏にある 不思議な線・・・
☆ 一度 掛け軸の裏を見て下さい ☆



掛け軸の裏よく見ると 横に擦ったような線が幾重にもある。
大丈夫だろうか?心配になります。

これは 裏摺りの跡 です。

表装を仕上げる前に一度 掛け軸の裏側を 専用の数珠 で 
全体を摺り 紙と布を柔らかくします。

掛け軸の巾に対して摺ります。この作業は表装の最終段階に近いので 
もしも何かミスを起こせば いちからやり直しになるので 非常に注意が必要です。


夏場にこの作業するのが大変で 天敵は汗です。 
表装を取り扱う際に 怖いのは水です。 
もし 裏摺りの途中で 汗を表具に落とせば そこに湿りが廻り
紙の粘着が取れて浮いてしまうからです。
ですから 鉢巻をして絶対に汗を落とさないように 作業を行います。

また 手持ちの表装が 波うちみたいに よれよれになった際にも
応急処置として裏摺りを行なう場合もありますが 絵の胡粉の厚さなどにも 
とても注意が 必要な難しい作業です。


掛け軸の表側だけではなく 時には裏側も見て下さい。
面白い事や 職人の技が隠されております。



いまでも関連する店が(皐月表玄)が京都にて表具師として営業を行なっております。
また 代表の 徳永は 京都 皐月表玄にて 7年間 表装の関わる修行と勉強を
行なってまいりました。

絵画の売買だけではなく 掛け軸 額装 などに関するご相談も過去の経験を踏まえ
専門的にお答えさせて頂きますのでお気軽にお問い合わせください。













スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://ginzahyougen.blog.fc2.com/tb.php/159-81586e5e