画廊表玄ブログ 
銀座の画廊表玄の社員による美術にまつわるツウなポイントの紹介やご案内、日々のブログなど
竹橋での 展覧会
  パンフレットが いつもと違う ~安田靫彦展~


東京国立近代美術館(竹橋) で開催中の展覧会

安田靫彦画伯  明治17年 東京日本橋で生まれる。

新しい歴史画を研究して作品を描く。大正時代には日本美術院再興に参加。
岡倉天心から指導を受けた最後の世代として院展の中核を担いました。

今回数多くの画伯の名作が展示されており
近代美術館では 40年ぶりの展覧会の開催です。

中でも 「 黄瀬川陣 」 は 六曲一双 屏風の大作で 重要文化財作品。
※ 六曲一双(パタパタと折りたためる 画面が6面の屏風が 二つ セットの意味) 

黄瀬川の戦いに 義経が参加して生き別れだった 頼朝に会う場面。

ふと パンフレットに目を向けると   「待ちかねたぞ」・・・(いざ 竹橋)と・・・

 黄瀬川の作品をアレンジして  なかなか 洒落た 構成になっています。

♪・・・竹橋の展覧会で 安田靫彦先生の作品が 美術ファンを待ってますよ・・・♪

国立の美術館でこんなに ライトな感じで 案内状作ったことに 星 ☆ ☆ ☆ です!

展示作品の中には 表玄で以前取扱った作品も数点あり 懐かしい再会でした。

ゴールデンウイーク中も開催していますので 是非美術館へ行きましょう。

                                                 (徳永)












スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://ginzahyougen.blog.fc2.com/tb.php/173-31f126d1