障子の張替

◇ スーツで張替え ◇ 

突然ですが 画廊内の障子の張替え
職人さんではなく 私が行います。
着替える服もないので スーツのままで・・・♪

表玄の屋号の由来は 表具の玄人から 命名

もともとは表具屋 さんなんです。 

表装の勉強は 京都行いました。
昔取った杵柄で
何とか 障子の張替えは出来ます。

糊を付けるのは チューブではなく
刷毛ですよ♪

※ ここで表装店の皆さま刷毛がプラスチック
  糊盆が変な容器・・・など不備がありますが
  銀座ではなかなか 表装道具は売って
  いないので優しい目で見て下さい。


張替えではまず古い紙を剥がしますが
ここで 捲った後に良く木地を拭いて
 
  ・・・乾かして・・・

乾かさないで直ぐに糊を付けて貼ると
木の・あく・が 新しい紙に付きます。

そして一番注意することは 糊の濃さ

  ~濃すぎず 薄すすぎず~

表具は何度もリフォーム
出来るようになっています。
濃い糊を付けると次回剥がすのが大変です。
しかし薄いと 捲れてきます。

程よい糊加減は長年の経験で・・・

綺麗に仕上がり   ホット・・・♪


                     (徳永)














スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Gallery Hyougen

Author:Gallery Hyougen
日本画・洋画
画廊表玄からの最新情報

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR