脇役の次は・・・

主役の登場です

福田平八郎  画伯 作    ~ 紅梅  ~


明治25年 大分で生まれる。
その後 京都市立美術工芸学校に入学 
帝展などで活躍し
昭和36年に文化勲章を受章する。

花鳥画や自然がみせる一瞬の輝きを
画伯独自の感性で他の画家がつくれない 
独創性ある画世界を生み出した。

この作品は 比較的小さな

  ~短冊~ 

に描かれていますが 画面から広がる世界に
紅梅が自然の光を浴びて 綺麗に花開いています。

表装は以前 京都 表玄 にて制作された軸装で

白い絹地に金砂子を波のように 流して台紙を造り
その上に 短冊を載せて
主役の 紅梅を  華やかに演出しています。

最近は 床の間がある家が
少なくなってきましたが

細長い軸装は 床の間以外でも
展示は 出来ます。

表装の両サイド 縦に細長く使われている
唐草模様の 金襴裂 が
ほのかに光る 京表具です。

                      (徳永)














スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Gallery Hyougen

Author:Gallery Hyougen
日本画・洋画
画廊表玄からの最新情報

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR