銀座界隈の花たち

銀座界隈の花たちは、すっかり冬支度。

街路樹は黄色く色づいて、毎日せっせっと葉を落とし寒さ対策も万全。
画廊の朝は、落ち葉を掃くリズミカル音から始まります。

歩道の花壇は、葉牡丹やガーデンシクラメンに模様替え。
今では寒さに強いパンジーやビオラなどが、当たり前のように植栽されてますが
ちょっと前までは、これらは春を告げる花の代表格だったんですよね~

毎年思うことですが、今年はいつになく一年が早い!イヤ!!早すぎる。

食べ物のみならず花々までも、いつでも手に入る便利な世の中になったことが
時間の麻痺をもたらして季節感ゼロ状態!
暑さ寒さで辛うじて春夏秋冬を感じられる?といっても
自身の幼き頃に比べると、格段に東京の冬は暖かい。
ここ数年は霜柱や薄氷を見る機会など皆無に等しいのでは?

年の瀬が近づくと何となく浮足立ってしまう自身です。
残りあと3週間ほど。
良き一年だったと思えるように
やり残しのないように過ごしましょうかね?

写真は加茂本阿弥と紅葉したヒペリカムです。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Gallery Hyougen

Author:Gallery Hyougen
日本画・洋画
画廊表玄からの最新情報

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR