画廊表玄ブログ 
銀座の画廊表玄の社員による美術にまつわるツウなポイントの紹介やご案内、日々のブログなど
サイズを測る


掛け軸の製作の際には センチではなく
 
尺差し で測り製作を行ないます。


今では 殆ど市販されていない ものさしです。

絵画で軸装の場合 何センチですと 呼ぶより 

尺八の掛け軸とか 二尺の掛け軸などと 呼ぶことが多いです。

特に絵画の市場では 尺寸で表現されてます。

二尺五寸や三尺の掛け軸だと わあ~大作だ。と


三尺の掛け軸だと 絵の横幅が約 90センチ

それに 布が両側に10センチ付いているので

全体の大きさは約 110センチを越えるので

軸を巻く際に 手がギリギリ 届くかな?

ですから 大きな軸なのです。



時には日本の古いサイズの測り 尺差し で

品物を測るのも 面白いと思います。



一尺はおよそ 30センチ。

一尺 10分の1が 1寸(約3センチ)

日本の伽話 一寸法師 の大きさのイメージが

わかると思います。



下記の写真の尺差しは 京都で掛け軸の修行の時より

30年近く 私の傍で サイズを測ってくれている

名脇役です。


(徳永)



スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://ginzahyougen.blog.fc2.com/tb.php/27-86ecfb51