ゴージャスです。

本日の画廊の花は≪牡丹≫です。


富貴草(フウキグサ)宝相花(ホウソウカ)花王(カオウ)などの別名があります。

一輪だけで存在感がある牡丹は、花入によってより一層華やかさが増します。

日本には平安朝の頃に渡来し、富貴草と呼ばれ珍重されました。

大輪ゆえでしょうか?
根元の枯れたような枝から伸びる茎の色は、かなり生々しい朱色で思ったほど太くない為、
茶花として活ける際、蕾の重さに負けてしまう時があります。(ここ表玄での話ですが…)

日本画にはよく描かれる牡丹の花。
富・宝・王と別名に表されるように絵になる花です。

立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花。
そう言われるような姿形になりたいですね。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Gallery Hyougen

Author:Gallery Hyougen
日本画・洋画
画廊表玄からの最新情報

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR