画廊表玄ブログ 
銀座の画廊表玄の社員による美術にまつわるツウなポイントの紹介やご案内、日々のブログなど
先週は室内の風を嫌う繊細な花の紹介をしますと書きました。
という訳で、今週の『画廊の花』は大山蓮華(オオヤマレンゲ)をご紹介します。

別名:深山蓮華(ミヤマレンゲ)
奈良の大峰山に多く自生することから、大山蓮華と呼ばれています。

花弁は白色。
葉の緑と花弁の白がはっきりと鮮やかで、蕾も大きく存在感があります。

真っ白という言葉が適しているほどの色合いを持つ花が開花すると、
牡丹紅の色彩の雄しべが顔を覗かせます。
外見からは少し想像しづらい花の形容は、開花期間が短く、
あっという間に真っ白から薄茶色に変わります。

香りが強く、運よく花が咲いた時は、画廊全体が花の香りに包まれます。


活ける際に気を付けなければならないのが、風と水です。
とにかく、室内の風を悉く嫌うので、花入の置き場には注意が必要です。
水もよく吸うので、水枯れしないようにチェックが欠かせません。

気を使う花ですが、それゆえに開花したときは飽きずに見入ってしまいます。

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://ginzahyougen.blog.fc2.com/tb.php/49-239add4a