画廊表玄ブログ 
銀座の画廊表玄の社員による美術にまつわるツウなポイントの紹介やご案内、日々のブログなど
プロフィール

Gallery Hyougen

Author:Gallery Hyougen
日本画・洋画
画廊表玄からの最新情報



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



なかなか見れない 軸の中
  掛け軸の裏側  

掛け軸の軸棒の中は どのようになっているのでしょうか?
良く見ると表装から少し軸先が出ています。多くは白い象牙ですが
他に 陶器 金属 紫壇 水晶など・・・。

見えない部分は 木を丸く削り棒状にして その先に 象牙等が
両サイドに付いています。

これはおおよそ想像できますが。

いい表具には 丸い木の中に 掛け軸が 上手く掛かるように
 工夫 がされています。

その 工夫 とは 鉛の錘が 前方やや下めに付いていて 
掛け軸を掛けた時にその錘で 真っ直ぐ 胸を張る様 になっています。

また 木も 僅かでも 膨らんでいるほうが前になるように 
考えて付けています。

なかなか軸棒を換えることはないですが 表装を打ち替える時などに
 表具師 さんに隠れた軸の中を見せて頂くと面白い発見があると思います。

近年 業者が 象牙等の取り扱いの際に届出を行なう
法律が出来ました。※ 特定国際種事業者としての届出。





掛け軸の表側だけではなく 時には裏側も見て下さい。
面白い事や 職人の技が隠されています。

表玄は表具師として 美術の世界へ入って参りました。
(表具の玄人→ そこから 表 玄 と屋号を付けました。)
いまでも関連する店が(皐月表玄)が京都にて 表具師として営業を行なっております。
また 代表の徳永は 京都 皐月表玄にて 7年間 表装の関わることの修行と勉強を
行なってまいりました。
絵画の売買だけではなく 掛け軸 額装 などに関するご相談も過去の経験を踏まえ
専門的にお答えさせて頂きますのでお気軽にお問い合わせください。


                                                (徳永)





スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://ginzahyougen.blog.fc2.com/tb.php/54-b0aa6d6f