竹籠に似合っています。

梅雨の晴れ間が続いて蒸し暑さも少しだけ和らぎ、ホッとできるのではないでしょうか?

さて、今週の『画廊の花』は下野(シモツケ)です。

下野(栃木県)の日光地方に多く見られることで付いた名だそうです。
別名:木下野(キシモツケ)
バラ科の落葉小低木


下野に花が似ていることで付けられた下野草(シモツケソウ)
別名:草下野(クサシモツケ)
こちらはバラ科の多年草です。
本州中部以西の山野に自生しています。

5月の茶花として登場するのは木下野
7月の茶花として登場するのは草下野

どちらも小さい蕾が密集している花なので、開花すると全く様相が一変します。

明後日はいよいよWカップ日本代表の3戦目です。
ひとつひとつがどんなに小さくても、全ての蕾が開けば大きな花になるように勝利することを期待します。
(かなり、脱線しました。)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Gallery Hyougen

Author:Gallery Hyougen
日本画・洋画
画廊表玄からの最新情報

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR