額装を包む



多くの画廊では、額装を紙で包み取り扱いをしています。
しかし その包み方は各店で異なります。

表玄では、京都で行なっていた時と同じ 
包み方で行なっています。

使用する紙は ハトロン紙のロール状横幅 1m以上
慣れるまで なかなか取り扱いが大変です。
すぐにシワになったり ゆるゆるになったり・・・

長年の経験と慣れで 1点 10分以内で出来あがるように
なります。それと見た目に上品になるようと心掛けています。

たまに 一度売った作品をまた購入した際に
自分が包んだままの額装で
戻ってくる事があります。
昔の仕事内容の良さや これは駄目だな・・・など
十数年ぶりの なつかしい 再会です。

また 側面に10センチほどの紙が貼っている事があるので
よく見てください。
画家の名前やサイズ 画題を書いているのですが、
この紙で 私たちはこれは ○○百貨店が取り扱いした作品・
○○画廊で売られた作品・○○店で額装された絵画・・・・
おおよそ わかります。
包装紙は絵画鑑定のポイントの一つです。

                                (徳永)



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Gallery Hyougen

Author:Gallery Hyougen
日本画・洋画
画廊表玄からの最新情報

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR