長月になりました。

本日は9月1日、防災の日です。
1923年(大正12年)の今日、関東大震災が起きました。
日本各地で避難訓練が行われ、
≪いつ、どこで≫が予測できない状況をどうするかを改めて考える日でもありますが、
できれば平穏無事でいられることを願いたいものです。

さて、今週の『画廊の花』は竜胆(リンドウ)です。
普通に見られる花なので、馴染みがあるのではないでしょうか?

リンドウ科の多年草
本州・四国・九州の山野に自生する。

根茎と根の部分が漢方薬の健胃剤として用いられています。
苦味のある薬草が竜の胆のようだとたとえられ、そこからついた名称だそうです。
実際に竜(想像上の生き物)の胆など、食した者はいないでしょう。
ですが、かなり大げさに表現されるくらい、とてつもなく苦いのでしょうね。

白いリンドウは笹竜胆と呼ばれ(写真の花)、紋所にも使われています。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Gallery Hyougen

Author:Gallery Hyougen
日本画・洋画
画廊表玄からの最新情報

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR