画廊表玄ブログ 
銀座の画廊表玄の社員による美術にまつわるツウなポイントの紹介やご案内、日々のブログなど
プロフィール

Gallery Hyougen

Author:Gallery Hyougen
日本画・洋画
画廊表玄からの最新情報



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



掛け軸を演出

  人気の裂 (布)


江戸時代から 大人気の布です。


掛け軸の アップですが 白地に金糸が映えます。

綺麗で貴賓があって そして絵を引立てます。
大変好きな 布です。


竹屋町 裂(きれ)


元和年間(1615年頃)に大阪 堺に来た中国人から 技術を得て、
中国の金紗(きんしゃ)を真似して 京都御所の南 竹屋町で織られた
絹織物。日本独自の和製 金紗。

紗 (しゃ)・・・うすぎぬ。
細糸で織った軽くて薄い絹織物。または、ひろく目のすいた薄い織物。
麻や綿をほぐして、特殊な織り方で目を透かせた絽ロに似た織物。

金紗は 紗に金糸を織り込んで縫い付けた文様の裂。

~簡単に言うと 白い薄い布に 金箔を縫いつけて 
          金が引き立ち目立つ お洒落な 布 ~

高額な 裂(布)なので 掛け軸では 一文字と風帯に使われることが多いです。

一文字?(これは掛け軸の 絵の上下に付いている 細長い布)
よく見ると同じ布が 縦に2本 ぶら下がってます。これが風帯です。

掛け軸を見るときには、絵を引立てる 布も見て下さい。
新たな発見がありますよ。



                                  (徳永)



スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://ginzahyougen.blog.fc2.com/tb.php/80-4622a269