神無月が終わると…

ようやく、出雲から八百万の神々が各地に帰られる10月も最終週になりました。

月初めから台風に見まわれ、本来ならもっと秋らしさを楽しめるはずなのに、
急に暑くなったり寒くなったりで、山の紅葉も案外早く終わってしまわないか心配です。

ちょっと小耳に挟んだ情報ですが、
春に催された皇居乾通りの一般公開が、この秋にも開催されるようです。
期間は11月下旬から12月上旬の5日間。
宮内庁のHPで11月初め頃に、期間の詳細が表示されると思います。
土日も含めての一般公開なので、東京の紅葉を満喫するのも良いのではないでしょうか。

さて、今週の『画廊の花』は杜鵑草≪ホトトギス≫です。

ユリ科の多年草
本州中部以南の山地に自生
花の斑点が杜鵑(鳥)の胸毛の模様に似ているところから名が付けられています。

ホトトギスは立ち性と下垂性の2タイプがあります。
品種も多数あり、どれを活けても花入に映える優等生な茶花です。
写真の花は立ち性のホトトギス。

ここ表玄にも、下垂性の≪ジョウロウホトトギス≫が来る時があるのですが、
この頃はなかなかお見かけしません。

何かのCMで流れていた句を思い出します。

ほととぎす あすは あの山 こえて行かう 《種田山頭火》

野鳥の杜鵑は季語が夏、草花のホトトギスは季語が秋。
いずれにしても、ホトトギスは日本人に馴染みのある≪音≫なのでしょう。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Gallery Hyougen

Author:Gallery Hyougen
日本画・洋画
画廊表玄からの最新情報

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR