第一章 6311 その2


加茂本阿彌

画廊スペースから引退した加茂本阿彌さんです。
引退しても、まだまだこんなにきれいに咲いています。

ちなみに、11月のお茶事の席では加茂本阿彌さんは超売れっ子の椿さんです。
ほんのりをさしている姿はカレンで美しいのです。





※表玄の床の間には、金重陶陽の備前花入れに週2回、お茶花が生けられます。
入れ替えられたお花は事務所の台所脇に生けられ、第二の人生を送るのです。

『椿』と一口にいっても様々な種類があるのはご存知とおもいますが、中でも
写真の「加茂本阿彌」という種は11月に開催される茶会で最も珍重される椿だそうです。

別名を"窓の月”といい、花弁にチラっと縦絞りの模様が入った様子を窓から見える月に
たとえて呼ぶ事もあるようです。

(サトちゃん)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Gallery Hyougen

Author:Gallery Hyougen
日本画・洋画
画廊表玄からの最新情報

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR