霜月になりました。

本格的な紅葉シーズンを楽しめた3連休。
終わってしまえば、カレンダーは残り2枚となりました。

さて、今週の『画廊の花』は藤袴(フジバカマ)です。

キク科の多年草
関東以西の原野、川べりなどに自生している秋の七草のひとつ
花色は淡紅紫(藤)色
花の形状が袴に見えるところからついた名前


秋になり葉が乾燥し出すと、良い香りを放ちます。
昔から高貴な香りとして、匂袋などにも用いられていました。
香りのもとは、桜餅を包むオオシマザクラの葉と同じ成分の“クマリン”を含んでいるからです。

試しに葉に顔を近づけてみて下さい。
お香にも似ている匂いが、とても落ち着きます。

山野草としても馴染み深く、万葉の時代より葉の香りが楽しまれていた藤袴。
現在は入手しづらく、サワヒヨドリとフジバカマの交配品種が多く流通しています。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Gallery Hyougen

Author:Gallery Hyougen
日本画・洋画
画廊表玄からの最新情報

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR