画廊表玄ブログ 
銀座の画廊表玄の社員による美術にまつわるツウなポイントの紹介やご案内、日々のブログなど
美術館で絵を見る


美術館へ行った時 何処を見ますか?

もちろん、絵を見ますが・・・


絵を売買する職業柄 わたしは幾つかポイントを
見る事にしています。

絵のサイン(落款・らっかん)
制作年代を書いた プレート (これが 重要)
軸装や額装

絵を購入されるお客様は必ず、制作はいつ頃ですか?と
聞かれますので日々勉強が必要です。
美術館へ行く際には絵を見て→サイン見て
この作品の 制作年は○△年かと想像して→プレートを見て

~ クイズの答え合わせ ~ 

軸装や額装は、いい布だな! ○○堂の額だから 高そうだな!
つい値段が気になります。

とうとう 子供が 
一緒に見に行った際に
綺麗な絵を見ると これ幾ら・・・高いの?
絵を鑑賞するのではなく自然と 価格が気になる癖が
移ってしまった。


☆ 美術館では 素直に絵画鑑賞しましょう ☆



サインの特長を掴むと 制作年がわかる近道になります。

横山大観先生のサインを参考に


大観→  観を見て 左側 斜めのはらい 「ノ」注目!
    ハッキリと左側に抜けているのが  大観の通称 抜け落款
    昭和14年~昭和21年頃に書かれた サインです。

大観→ 観の 右側 「見」を比較的に わかりやすく書いて
    最後のはらいが 右に横長になっています。
    昭和21年中頃~亡くなるまで およそ10年書かれたサイン。

この2つのサインを見つけると これは昭和 ○○年頃制作ですね・・・と
説明出来ます。

 覚えやすいので、大観先生の作品を見る際に 是非 サインも
見て下さい。

                                     (徳永)







スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://ginzahyougen.blog.fc2.com/tb.php/86-eb52e96f