画廊表玄ブログ 
銀座の画廊表玄の社員による美術にまつわるツウなポイントの紹介やご案内、日々のブログなど
暦の上では“冬”です。
立冬が過ぎ、とうとう冬の季節になりました。
とは言うものの、まだまだコートを着ずに我慢できるかチャレンジ中!
年寄りの冷や水にならないように、風邪をひかない程度にしておこうと思います。


遅ればせながら、ご紹介する今週の『画廊の花』は松虫草(マツムシソウ)です。

マツムシソウ科の多年草
山地の草原に自生
草丈は60センチ~90センチほど
8月頃から咲き始め、10月ぐらいまで咲いている。
季語:秋

茎の先に咲く淡青紫色の花は、小さな花の集合体です。
色目は地味ではありますが、他の茶花を引き立てる名脇役でもあります。
今回は、松虫草のみ≪写真≫

名前の由来は定かではありませんが、
♪♪~ あれ 松虫が鳴いているぅ~ ♪♪~ の
松虫(鈴虫)が鳴く頃に咲き出すので、松虫草と言われているのかも知れません。


話は変わりますが、本日は酉の市!

個人的ですが、自身は何故か酉の市に心躍ります。
11月の夜、身震いするような寒さの中で、、瞬く灯りと煌びやかな熊手、威勢の良い売り手の掛け声。
酉の市を迎えると、もうすぐ年の瀬が近いんだと実感がわきます。
今年は二の酉まで。
ご覧になったことがない方は、是非お出かけしてみて下さい。

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://ginzahyougen.blog.fc2.com/tb.php/87-d4d27ac7