画廊表玄ブログ 
銀座の画廊表玄の社員による美術にまつわるツウなポイントの紹介やご案内、日々のブログなど
寒中お見舞い申し上げます♪
お久しぶりです。今年最初の『画廊の花』です。

長い冬休みと週末の連休とが終わり、ようやく本来の生活リズムを取り戻してきました。
皆さんはどんな年末年始を過ごされたでしょうか。
自身は恒例行事にしている“超達人ジグソーパズル”にチャレンジしました。
今年は岩手県の北上展勝地桜街道!
少し気が早いですが…花見見物です。

さて、新春第一弾は鶯神楽(ウグイスカグラ)をご紹介します。
別名:鶯の木
スイカズラ科スイカズラ属
北海道南部・本州の山野に自生する落葉低木です。

なぜ、鶯の名が入っているかと言うと、
鶯がさえずる早春の時期に咲き出すことでついた名だとされ、
茶花として初釜に使われます。

芽を出してから、蕾・花・実とすべて茶花として用いることができる万能選手です。
写真の鶯神楽も、しばらくするとかわいらしい小さな花を咲かせます。
淡い薄桃色の縁取りのあるラッパのような形状の花です。

ここ表玄では、新年初めはいつも花入れの変わりに青竹を花器として使います。
毎年毎年、お花屋さんが新しく花入れ用に加工してくれるのです。
普段の見慣れた花材も、入れ物が違うだけで様相が変わって見えます。

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://ginzahyougen.blog.fc2.com/tb.php/98-3b585467